Ж~東方幻想世界~Ж 2009年09月
FC2ブログ
鬼畜な受験生のアホが繰り広げる東方幻想入り小説。たまに絵描いたり。
第十四話 メイドの仕事と懐中時計
2009-09-21 Mon 20:35
サン「…とまぁ、仕事の内容はこんな感じですね☆」
「ほぇ~…」

多い。
ざっと聞いたところ、10個以上はあった。

サン「注意するとこは話したし…
   あ、そうそう、これ持っておいた方がいいって」
「時計…?」

わたされたのは金色の懐中時計だった

「なんでですか?」
サン「さぁ…でも咲夜さんが持っておきなさいって言ってたので…」
「じゃあ持っといた方がいいのかな…」

ルナブラド「さぁて、話はすんだな。」
「あ、はいっ!」
ルナブラド「よし、じゃあついてきてくれ。」
「? はい…」

廊下-
ルナブラド「あーそうだ、夕緋、弾幕はできるか?」
「ふぇ? できないと…」
ルナブラド「ふ~ん…
      じゃ、練習すっか!」
「ふぇぇえ!?」
ルナブラド「大丈夫だって、ほら、行くぞー!」
「あ、あぁっ待ってー!」

ガシッ

ルナブラド「…あ…」
サン「あなたに任せるといいことないのよねー☆」

ルナブラドの首が錆びた機械のようにギコギコと動き振り向いた

サン「あなたは、仕事☆」
ルナブラド「…」
サン「さ、行こ♪」
「え、あ…はい…」

ルナブラドはそこから凍ったようにしばらく動かなかったという。
第十四話 メイドの仕事と懐中時計の続きを読む
スポンサーサイト
拍手する 別窓 | 東方小説第二章『東方夕幻奏』 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
第十三話 副メイド長と執事長
2009-09-09 Wed 00:04
咲夜さんに案内されて用意された自分の部屋へ入った

咲夜「はい、今日からここがあなたの部屋ね。」
「ひ…広い…
 …?」

部屋に男性と自分より少しくらい年上の少女がいた

ブラド「お、きたな新入り。
    俺はルナブラドだ。で、こっちが…」
サン「はじめまして、副メイド長のサンレイニです☆
   よろしくね♪」
「は、はいっ!
 あ、私朱風 夕緋っていいます。」
ブラド「ほー…礼儀正しい子だな。
    アイツの友達って聞いててどんなんかなぁと思ってたが…
    …なるほどね…」
「…?」
ブラド「あー、いい、いい、気にすんな☆」
サン「さて、じゃあ仕事についてお話しますね。」
「あ、はいっ!」

緋鳥「…紅魔の執事長…か。」
ブラド「おぅ、カラス。なんか言ったかー?」
緋鳥「いや。
   (こいつが本当に最強の…いや、まだ決まった訳じゃないな…)」
第十三話 副メイド長と執事長の続きを読む
拍手する 別窓 | 東方小説第二章『東方夕幻奏』 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| Ж~東方幻想世界~Ж |