Ж~東方幻想世界~Ж 第四話 胸 烏
FC2ブログ
鬼畜な受験生のアホが繰り広げる東方幻想入り小説。たまに絵描いたり。
第四話 胸 烏
2009-08-12 Wed 23:45
「これからどこ行くの?」
緋鳥「地霊殿だ。」
「ふーん…何で?」
緋鳥「そこに俺の友人がいるんだ。
  挨拶しておきたくてな。」
「わかった、いいよ☆」

地霊殿-

「失礼しまーす。」

?「…うにゅ?」
「…」

目の前に背中にカラスのような羽を生やした少女がいた

「(胸…大きい…)」
緋鳥「久しぶりだな、空」
空「あ、その声、緋鳥っち?」
緋鳥「相変わらずか…」
空「久しぶりー☆
 で、この子は?」
「あ、朱風夕緋っていいます。」
空「ふーん…
 私は霊烏路空、お空って呼んでねー」
「よろしくお願いします…」
空「ん。 で、何の用?」
緋鳥「挨拶したかっただけだ。」
空「さとり様にはいいの?」
緋鳥「あの人は苦手でな。
  まぁそれだけだ。じゃあな。」
空「また来てねー☆」

「…で、次は何処に?」
緋鳥「そうだな…彼岸にでも行こう。」
「遠い気が…」
緋鳥「そうでもない。行くぞ。」
「はーい…」

すいません!
予定変更して『胸 烏』をお送りしました!
『魔法と憩う世界』はまたの機会に…

モンハンたのすぃーww
火曜日のメンテも一時間で済みましたしw

あー、G系防具欲しー。
レイアはもう無理ゲーもいいところだし…
何?堅殻15個(確か)とか。
それに紅玉?

ふ ざ け る な

では、次回も楽しみにする必要ないと思います!
ノシ
スポンサーサイト
拍手する 別窓 | 東方小説第二章『東方夕幻奏』 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<第五話 武器 | Ж~東方幻想世界~Ж | 第三話 亡き者の魂>>
この記事のコメント
いつのまにか更新されていた……

彼岸と言ったら我らが映姫さま
楽しみにしとりあすw
2009-08-13 Thu 01:20 | URL | 銀杏 #QAt7aVcw[ 内容変更] | top↑
サコウ「む!誰だ!人のキスしてるところを見たのは!!」
文「あやや!!本当ですか?」

チルノ「ばれてるよ?」
彼岸だと・・期待するしかないですぜー!!

ギルバート「・・・何かが来そうだな・・・」
2009-08-13 Thu 00:35 | URL | ニマ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Ж~東方幻想世界~Ж |