Ж~東方幻想世界~Ж 第十四話 メイドの仕事と懐中時計
FC2ブログ
鬼畜な受験生のアホが繰り広げる東方幻想入り小説。たまに絵描いたり。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する 別窓 | スポンサー広告 | top↑
第十四話 メイドの仕事と懐中時計
2009-09-21 Mon 20:35
サン「…とまぁ、仕事の内容はこんな感じですね☆」
「ほぇ~…」

多い。
ざっと聞いたところ、10個以上はあった。

サン「注意するとこは話したし…
   あ、そうそう、これ持っておいた方がいいって」
「時計…?」

わたされたのは金色の懐中時計だった

「なんでですか?」
サン「さぁ…でも咲夜さんが持っておきなさいって言ってたので…」
「じゃあ持っといた方がいいのかな…」

ルナブラド「さぁて、話はすんだな。」
「あ、はいっ!」
ルナブラド「よし、じゃあついてきてくれ。」
「? はい…」

廊下-
ルナブラド「あーそうだ、夕緋、弾幕はできるか?」
「ふぇ? できないと…」
ルナブラド「ふ~ん…
      じゃ、練習すっか!」
「ふぇぇえ!?」
ルナブラド「大丈夫だって、ほら、行くぞー!」
「あ、あぁっ待ってー!」

ガシッ

ルナブラド「…あ…」
サン「あなたに任せるといいことないのよねー☆」

ルナブラドの首が錆びた機械のようにギコギコと動き振り向いた

サン「あなたは、仕事☆」
ルナブラド「…」
サン「さ、行こ♪」
「え、あ…はい…」

ルナブラドはそこから凍ったようにしばらく動かなかったという。



ごっめーん☆(殴

いや、ホントはもっと前に更新したかったのよ。うん。
何でしなかった?

管理画面に行くパスを忘れてたのですw
まぁそれで今日やっと思い出して今にいたりますw

でー、MHね。
ランク81!
いょっしゃあ!

最近は雑談ばっかですw
大体自由区の辺境にいますのでお気軽にー

ではでは、ノシ
スポンサーサイト
拍手する 別窓 | 東方小説第二章『東方夕幻奏』 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<生存報告その他色々 | Ж~東方幻想世界~Ж | 第十三話 副メイド長と執事長>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-01-15 Fri 23:28 | | #[ 内容変更] | top↑
研修中の身でいきなりHardですね。Easyモードは小学生迄ですか。そうですか。
私Easyでしかクリア出来n(ry

あ、はは・・あはははははh(ry
昨日催された「紅の広場」に参加したのですが・・・。
「・・・あれ?何でこんなに使っちゃうんだろう?」となり、金g(ry
なんか・・・うん。フランのTシャツ(背中にフランと「あなたが、コンティニュー出来ないのさ!」とあります)買ってしまいました。 ルナさんゴメン!
その他グッズを中心に色々と・・・。
「俺の『魂』を賭けるぜ!」「グッド!」と出来るチップが頒布されていたので迷わず買いwww
消費金額:二万二千円也。・・・え?少ない? でもこれ以上は無理ですorz
2009-09-23 Wed 11:12 | URL | リア #zeykuTTQ[ 内容変更] | top↑
ギルバート「・・隊長。」
サコウ「なんだ?」
文「サンさんがこうゆうになったのってまさか・・」
サコウ「え?オレのせい?べ、別にサンになんも教えてないぞ!!」
ひゃはー!久しぶりの更新キター!!
まあオレもモンハンやって更新が中々・・・
2009-09-22 Tue 02:49 | URL | ニマ #-[ 内容変更] | top↑
てっきりオンライン入り浸ってたのかと
HR47な自分はどうすれば(ry
ぱるぱるぱる…

さて、久々の小説
ルナブラド…どんまい!
そんな貴方にはオプーナの権利sh(ぴちゅーん
…サン怖いw

更    新  し ま  し    た

立体感ある!不思議!
では
2009-09-22 Tue 00:43 | URL | Y.Yoshi #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Ж~東方幻想世界~Ж |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。