Ж~東方幻想世界~Ж 罰とおつかい
FC2ブログ
鬼畜な受験生のアホが繰り広げる東方幻想入り小説。たまに絵描いたり。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する 別窓 | スポンサー広告 | top↑
罰とおつかい
2009-03-13 Fri 16:15
「レ、レミリアお嬢様…目が笑ってないです…」
レミリア「そうかしら♪?
      咲夜。」

パチンと指を鳴らす。

咲夜「お持ちしました」
「それ化粧セットじゃないですか!!」
レミリア「これが罰ゲームだもの。」
「えぇ!!!?」
レミリア「それと咲夜、男子以外の全員呼んできなさい。
      あ、フランは呼ばないでいいわ。びっくりさせるから☆」
咲夜「かしこまりました。」

咲夜はそう言って消えた。

数分後…

レミリア「さて、皆来たところで始めるわよ☆」
「ちょ、まっ…ぎゃあぁああああああ!!!!」


男性陣「???」

フラン「何今の叫び声…ま、いっか☆」


レミリア「…」
咲夜「……」
パチュ「………」
美鈴「…………」
「な、何で皆黙ってるんですか…」
レミリア「いえ…あなた…男?」
「へ?」
咲夜「…はい、手鏡。」
「どうも…ってうぎゃぁああああ!!!!
誰だこれぇぇええ!!!!」

そこには完全に女の子がうつっていた。

レミリア「…でも、声がねぇ…」
「それはさすがに無理ですよ…」
パチュ「出来るわよ?」
レミリア「本当? パチェ。」
パチュ「ええ。 魔法で…確か…」
「ちょ、やめてく…」

「ひゃうぅ~…」
レミリア「体つきまで女の子になっちゃってるじゃない。」
パチュ「いいんじゃない?」
レミリア「でも…可愛いわね…☆
      そうだ、咲夜とおつかい行ってくれるかしら?☆」
「えぇ!?…って、罰ゲームですから断れないですよね…」
レミリア「わかってるじゃない☆ じゃあよろしく♪」
「はぃ…」
スポンサーサイト
拍手する 別窓 | 東方小説第一章『月の幻想』 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<外道男軍団 | Ж~東方幻想世界~Ж | ルナ☆ルナ 質問コーナー! 第6回!!(?)>>
この記事のコメント
さぁ~すがぁパッチェさん
そしてご愁傷様ルナさん…
で、質問
\ルナさんのあs(そこまでよ!)の八卦炉はどうなった?/
2009-03-13 Fri 21:12 | URL | Yoshi #-[ 内容変更] | top↑
「なんですかこれは!!あれですか?今流行り(?)の性転換ですか!しかも二重人格の女装とは・・・・いいじゃないですか!」
ブラン「さっそく差し入れの方を考えないとな!」
「次回は咲夜さんとおつかいですか。サコウさん達、男性陣の反応が楽しみですね。」

今日、私物に「ドライアヘン!!」って突っ込んだ私は末期。
2009-03-13 Fri 21:07 | URL | 漆黒の翼 #-[ 内容変更] | top↑
にやにやがとまりませんよ~
変態!?失敬な!!

続き楽しみにしています

2009-03-13 Fri 19:46 | URL | 銀杏 #wLMIWoss[ 内容変更] | top↑
サコウ「災難だな・・・」
紫「あら♪サコウもう一回する?」
サコウ「お断りしま・・」
ブォン
サコウ「こんなはずはー!!」
女になるとは予想外www
次回も楽しみに待ってます!
更新しましたー!
2009-03-13 Fri 19:42 | URL | 咲好き男 #-[ 内容変更] | top↑
いくらさん私も同感ですよw
なぜあそこまでして長く終わんの待ってなきゃいけないの?とか思ってましたw

今回はなんと主人公がまさかの女の子になってしまうとは・・・(ルナ(裏)はどうなるんだろう?)
ワクワクしてますw
2009-03-13 Fri 18:07 | URL | 暇な幽霊 #-[ 内容変更] | top↑
早めの更新ご苦労様です。
魔法まで使って完璧に女させるとは・・・・恐るべき罰ゲーム!!
ちょっt・・・・いや、かなり見てみたいです!

今日、無駄に長い卒業式がありました。(関係ないけどね
うーん、いったいどこに泣ける要素があるのか?
↑の文、不快な思いをした人がいたらすみませんorz
2009-03-13 Fri 17:30 | URL | いくら #zWsmLm9o[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Ж~東方幻想世界~Ж |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。