Ж~東方幻想世界~Ж ちょっとした嘘
FC2ブログ
鬼畜な受験生のアホが繰り広げる東方幻想入り小説。たまに絵描いたり。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する 別窓 | スポンサー広告 | top↑
ちょっとした嘘
2009-03-16 Mon 22:54
まず。いくらさん。
オリキャラ&スペカの件ですが全然おkですよ☆
では、スタート。

「ん~…よいしょ。」

服を脱ぐ。
そして改めて体を見る。

「///」

完全に女だった…

「(こ、こんなとこまで…恥ずかしい…)
それはさておき入るかな…」

ちゃぷん…

「あったか~い…☆
いい香りだな…」
ルナ「(のんきだねぇ。)」
「いいだろ? 別に。」
ルナ「(ま、どうでもいいがな。)」
「まったく…
…?」

話し声が聞こえる。



そのころ―

ユグ「や~、今日も疲れたな~☆」
リア「そうですね♪」
ヨッシー「こんなときは風呂に入ってゆっくりするのが1番だな。」
ユウ「疲れた後に入る風呂が気持ちいいんですよね~☆」
ユグ「まったくだ♪」
リア「…あれ? 誰か入ってますね…」
ヨッシー「ルナじゃないか? 多分。」
ユグ「だろうな。先に入りやがって…」
ユウ「1番風呂取られちゃいましたね…☆」



「…気のせいかな」
ルナ「(くっはははは!)」
「何笑ってんの?」
ルナ「(何でもねぇ。あー、片腹痛ぇ)」
「? まぁ、いいやそろそろ上がろうかな。」

ざばぁ…

ガラッ

ユグ「おい、ルナ~! 先に入りや…」
「…」
リア「…え」
ヨッシー「……」
ユウ「…あー…」

「「「「「ぎゃぁああああああ!!!!!!」」」」」

タオルなんか巻いてるはずもなく、完全に全裸でしかも浴槽の縁に片足をかけて
完全に見えてる(どこかは察してくれ)状態で見られた。

ユグ・リア・ヨッシー・ユウ「え、あ、その…あの…こ、コレには…」
「ひゃぅう~…お嫁にいけないです~…」

「「「「(やっちまった…)」」」」

ユグ「あ、じゃ、じゃあ俺たち一回上がります…」

と、ふとイタズラしてみようと思いついた。

「え…上がっちゃうんですか…?
べ、別に…、い、一緒に入りましょう?」

上目遣いで4人を見る。

ヨッシー「(それ反則…)」
リア「…え…っと~…」
ユグ「い、いいんですかね…」
「は、はいっ☆どうぞ…」
リア「な、なら…ねぇ?」
ユグ「うむぅ…まぁ、なぁ…」
ヨッシー「2人がそう言うなら俺も…」
ユウ「で、では…遠慮なく…(?)」

ちゃぷん…

「「「「「…」」」」」

「…あ~…1つ…聞いていいですか?」
ユグ「な、何だ?」
「その…皆さんはどんな能力をお持ちで?」
ユグ「お、俺は『属性を操る程度』だ…」
ヨッシー「俺は『魔法を発生・蓄積させる程度』。」
ユウ「僕は『自分の見たいものを見通すことができる程度』ですよ。」
「それって…ちょっとえっちです…」
ユウ「うぐ…」
リア「私は『魔法を使う程度』の能力です☆」
「皆さん属性系多いですね…」
ユグ「そう言うサンレイニはどうなんだ?」
「わ、私ですか? え、えっと…」

考えてなかった…
どうするか…
…とりあえず今日だけこの姿だからこうしておこう…

「『核熱を操る程度』の能力です…」
「「「「…」」」」
「あ、あの…口ぽかんと開けてどうしたんですか…?」
ユグ「いや…」
ヨッシー「だって…なぁ…」
リア「強くないですか…?」
ユウ「…桁違いの能力ですね…」
「で、でもあまり強くないですよ!?」
ユグ「今度…やってみてくれ…」
「え、じゃ、じゃあ…そのうち…」

「…」
ユグ「…」
ヨッシー「…」
リア「…」
ユウ「…」


落ちのない終わり方と思うなよ!!(何
時間と文字数の関係でここまでしかかけないんです…

あ、チルノ書き終わりました。(約2時間で。)
う~ん。バランス悪い。
どんなのかは2000HITまでお楽しみ。

今日はお空描こうかな?
コレは出来次第公開しますね。

人形劇―
ちびいくが6Lvから19Lvに30分でしましたww
Eいくにするまで頑張ろう。
パチュリーと妖夢も捕まえてこようかな…
カツラはまったく手をつけてませんww
つか、ポケモン屋敷やってないww

では、お空書いてきます。
スポンサーサイト
拍手する 別窓 | 東方小説第一章『月の幻想』 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<血の惨劇 | Ж~東方幻想世界~Ж | 荷物の正体>>
この記事のコメント
皆さん鼻血出しすぎww

Yoshiさん>>
すみませんでした。修正しておきます…



そんなに鼻血ださなくてもいいでしょうww
喜んでいるならいいですけどね。(ぇ
2009-03-17 Tue 16:46 | URL | ルナティート #-[ 内容変更] | top↑
ブラン「な、なんだこれは!紅魔館内のセキュリティーはどうなってるんだ!!」
「そうですよ。紅魔館で働く男性陣はいつもイベント発生ですか!なんと羨ましい
霖之助「お嫁にいけない?なら僕のお嫁に(ピチューン」

コメント遅れました。
流石に上目遣いは、は、反則ですよ。
2009-03-17 Tue 12:10 | URL | 漆黒の翼 #-[ 内容変更] | top↑
あり?送信のときミスったかな?
「魔法を蓄積・発生」
↑これ「魔力を発生・蓄積」です

面白い。これは面白い。
大事なk(ry
嗚呼、鼻から忠誠心g(バタッ
どくどくどくどくどく

さて…今日はブログ改装するか…
2009-03-17 Tue 07:05 | URL | Yoshi #-[ 内容変更] | top↑
うわ~そんなイタズラしてはだめです。
男性陣がトリップしてそこら中が血の海にwww

ちょwww能力改ざん
次があったらルナはどうするんですかね~。

なんか、頭がくらくらする。
おや、何でボードが真っ赤かに?

ちょっと頭を冷やしに川に飛び込んできます。
2009-03-17 Tue 02:07 | URL | SCD #-[ 内容変更] | top↑
ひゃっほ~!
ん?いつのまにか赤い液体がしたっている…

ちょっとレバニラ炒め食べてきます。
2009-03-17 Tue 00:09 | URL | 銀杏 #wLMIWoss[ 内容変更] | top↑
「ひゃぅう~…お嫁にいけないです~…」
これは死ねる・・・
サコウ「ごはぁ!」
次回も楽しみに待ってます!
ブログ更新しました!
2009-03-16 Mon 23:20 | URL | 咲好き男 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Ж~東方幻想世界~Ж |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。